カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【大工としてカナダで働く日本人】 コンクリートフォーム

 

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com

 いろいろとあってカナダに住むことになりすでに14年くらいが立とうとし、仕事も日本にいた時には想像もしていなかった大工になってもうすぐ10年になろうとしている。

 

こちらは大工や水道屋、電気工事やなどの専門職には(他にもいろいろとあるが)学校があり、大工に限って言えば6週間の学校一年間の実習(実際に仕事について働くこと)を4回繰り返し最後のテストに合格すると一応一人前の大工としての資格がもらえるようになっている。

 

僕もこれを5年ほど前に終了し一応カナダでは一人前の大工として仕事を探せる立場にいる事になる。ただどこでも同じだとは思うが、資格といってもただの紙切れで実際はそれを持っていたからと言って仕事が出来るわけではないのだが。しかし僕にとってはこの学校に行ったことが凄く役に立っていると思うし、その時に得た知識や技術をどうやってアウトプットするのかいろいろと試行錯誤しながらやっているつもりではある。英語での専門用語など英語圏で育っていない僕にとっては、言葉の事にしても学校に行ってよかったと思う。

(一番最近の仕事)

カナダでの大工という仕事

日本にいた時には大工さんとは無縁だったためどういう人の事をそう呼ぶのかは知らないが、カナダではとても広い範囲で大工(Carpenter)という職業を使う。

 

家のフレームをする人、基礎、気を使った仕上げの仕事、僕が今やっているリテーニングウォールは勿論の事、橋を作る人やダムを作る人も一応Carpenter のカテゴリーに入っている。

 

なので学校ではそういったことも一応勉強をさせられた。

 

リテーニングウォールとは

要は土などを止めるための壁の事で、コンクリートだけでなく木でもやる事はあるが僕はコンクリート専門でやってる。

 

僕の働くウエスバンクーバーという所は山の中にあり、敷地内に高低差がたくさんあるためこの仕事は結構需要がある。

 

今やっているところは、土を抑える事だけではなくランドスケ―ピングも入っているため少し壁の形に凝ってみたりもしている。バックヤードにアクセスするための階段などもコンクリートで作ったりもする。

 

良いか悪いかはわからないが、少しデザイン性もあるため今の仕事にはかなりやりがいを感じている。

 

コンクリートフォーム

僕はコンクリートフォームを組むことを専門にやっている。鉄筋を入れる人やコンクリートを流す人は別の業者でそこに立ち会うがやる事はない。

 

なのでせっかく綺麗に作ってもいい加減にコンクリートを流されたりすることもあった。今は同じ業者がやっており、何度もやる事である程度の信頼関係が出来た事もあって毎回いい仕事をしようとやってくれている。ちなみにこの会社のコンクリートポンプ車を運転する人も日本人だ。

 

日本では考えられない事かもしれないが、こっちの人は丁寧にやるとかお客さんの為にやるとかいった感情はあまり持っていない人が多く、少しでも気を抜けばいい加減な仕事をされる。

 

日本ではあまり働いた経験がないから一概には言えないが、日本にはない難しさがあると僕は思っている。特にカナダにはいろんな国籍の人がいるため基本的にスタンダードは存在せず、どこまで自分の信念を貫き通すか、とどこで折れるかの判断がとても難しい。押しすぎると怒って帰ってしまいやってもらえない事も普通にあるからだ。そこもやはり信頼関係かなと思う。

 

ようやく長い冬も終わり、仕事もしやすい季節になってきたし自分の信念である人に喜んでもらう仕事が出来るように日々頑張っていこうと思う。前にも書いたと思うが、日本人の真面目さをこれからも前面に出し、この業界で第一線でやっていけるようにしたい。

 

どんな事にも共通することだと思うが、生き残るには長所を理解しそれを磨くことが一番の近道ではないかと思う。

 

と、そんな事を自分自身に言い聞かせて今回は終わりにしようと思う。これからもゆっくりとカナダでの生活など思ったことを書こうと思っている。次回は僕の親会社の事でも書こうと思う。インド人の会社で凄く個性があり面白い人たちだ。僕の文章力ではそれが何処まで伝わるかわからないが、とりあえず書いてみようと思う。

 

 

面白いカナダ人と日本人の行動の違い

日本人とカナダ人では基本的に根本の考え方が違います。それは教育がまったく違う事もそうですが周りの環境、親の考え方などが影響していると思います。

 

(先日完成した家の写真です。)

 

今、日本人のワーホリの子とカナダ人の若い子たちと働いていますが先日面白い違いを発見したので書いてみようと思いました。

 

ドリルやのこぎりの歯など古いものと新しいものがある場合、カナダ人の子は必ず新しいものを使います。反対に日本人は何も言わなければ必ず古い方を使います。

 

理由は新しい方が切りやすいから、ともったいないと思ったからです。

 

どちらも正しいと思うんですが、この違い面白いなと思いました。

 

新しい方が綺麗に切れるし、ドリルも簡単に穴が開くため時間は短縮できます。しかし、場所によってはそんなにきれいに切らなくてもいい所もあります。のこぎりの歯もドリルもただではないのでポイポイと捨てられても困ります。

 

本当は各自で判断してやってくれるのが一番いいのですがなかなかそうもいきません。

 

カナダ人には「まだ使えるから古い物から使ってくれ」と言い

 

日本人には「もう古くて使いづらいから新しいものを使えと」いう事になります。

 

人種によって見る場所が変わります。

 

自分はどうかなと思った時やっぱりぎりぎりまで使ってしまいます。

 

やっぱり日本人なんだなと思った瞬間でした。

【努力が報われないという方必見】出来る事と出来ない事を把握して、出来る事を確実にやっていく事で得る信頼

今の自分にできる事は何なのか?

 

今の自分に求められていることは何なのか?

 

この二つの疑問に答えられますか?

 

努力をしてるのに報われない人、何をどうやってやればいいのかいまいち答えが見つからない人まずは自分を知る事から始めてみましょう。

 

みんな出来ないなりにやっているという事 

出来る出来ないという感覚は人それぞれ違います。自分が出来ると思っていることはだいたいまだまだ甘い事が多いと思います。上には上がいるため出来ると思って満足してしまう事はとても危険な事だと思います。

 

では、どこで勝負をするのでしょうか?

 

それはあなたの人柄だと思います。信用をしてもらえるように人と接っするようにしてみましょう。

 

信頼を得るために僕が気を付けている事

人それぞれ違ってきますが、自分の上司に当たる人、仕事をもらっている人に対しては、出来るだけ相手に意向を尊重し、自分の出来る最大限の知識と技術を用いてそれを実現させるように努力します。

 

ここで大事な事は、自分の出来ない事をはっきり相手に伝え、その事に関しては助けを求めるという事です。

 

一見信頼を失いそうですが逆です。向こうはあなたを手伝う準備は出来ています。もしそうでない人を相手にしてる場合はそんなに価値はないと思うのでこっちから切ってやるぐらいの強気な態度でいいかと思います。

 

これが一番大事だと思っている事ですが、自分が得たい信頼以上にまず相手を信頼することだと思います。

 

ミスはだれにでもある事なので、多少の事は見逃しましょう。そしてさりげなくそれを補ってあげると相手からの見る目が変わると思います。

 

後は自分の出来る事を確実にこなしていく事です。

 

厚い信頼を気付けば少しぐらいの事では失いません

「信頼を得る事は大変だけど、失う事は一瞬だ」

 

と言いますが、僕はそうは思いません。

 

信頼をされていると勘違いし(又は信頼されたての時)には失う事は一瞬です。しかし、積み重ねられた信頼はちょっとやそっとでは崩れないと思います。

 

信頼を得てもそれにおごらずもっと深い関係が築けるように常に全力で取り組んでいく事だと思います。

 

調子に乗った時は必ず何かにつまずきます。常に初心を忘れず、あなたにかかわるすべての人たちに対して尊敬と思いやりを持って接していく事です。そうすれば調子に乗る事も無いと思います。

 

ただそれでも気が抜ける事やその気にならない事もあります。

 

そんな時あなたの事を信頼してくれている周りの人たちがきっとあなたを支えてくれると思います。

 

最後に

カナダに来て12年ほどになりますか。日本での仕事の経験があまりないので比べる事は出来ませんが、どこの世界にいようと信頼関係は一番重要な事だと思います。

 

僕が思う日本人の真面目さ、誠実さは世界でもかなり高いレベルにあると思っています。それを前面に出して磨いていく事ですぐには壊れない厚い信頼関係を築きみんなに助けてもらいながらみんなが笑顔になるような仕事をしていけたら楽しい人生が送れるんじゃないかと思います。

 

10の信頼で100のお金は稼げますが、100のお金で10の信頼は買えません。

 

それをかなえるためにも最初の質問に答えられるようにしてみましょう。

 

必ず周りの反応が変わりあなたの立場も違ったものになると思います。

自分の考え方、取り組み方次第でどんな状況もチャンスに変える

僕はある小さな会社に属しています。家のフレーミング、仕上げそれと今僕が任されているリテイニングウォールを主にやっています。

 

働き始めて3年ぐらいになりますが、去年あたりに会社を急に大きくしようとしてボスがてんてこ舞いになっているためほとんどほったらかし状態で自由にやらせてもらっています。

 

それに対して文句を言っている人もいます。ほったらかしなので仕事がうまい事繋がらないときや、次の仕事がすぐない時とかなど何もしてくれません。

 

自分の会社ではないのである程度面倒を見てほしいと思う気持ちもわかりますが、僕は逆に自分で会社を運営してるようにやらせてもらえて、しかも会社が後ろについてるこの状況をとても恵まれた環境にいると思っています。

 

まずは今の状況から

最初に仕事を任された時思ったことは、「親会社といい関係を作って常に仕事をもらえる関係を作ろう」という事です。

 

少し前のバンクーバーは住宅バブルの中にあり、いい仕事をしなくても安ければ仕事はいくらでもある状況でした。なのでいい関係を築かなくても違う会社が仕事をくれます。

 

職人が忙しいためとりあえず誰でもいいから欲しいという状況です。僕は仕事を任される前3件この会社で家を建てましたが、リターンは一つもありませんでした。

 

住宅バブルもそろそろ終わりに近づいているし、これからは1件屋ではだめだと思いそう考えそれが実現しています。

 

学んだこと

人間関係の築き方など学んだことは凄くたくさんあるしまだまだ学んでいる最中ですが、仕事を継続していく事の難しさを身をもって学びました。

 

コンクリートの型枠を作るのが僕の仕事なんですが、鉄筋は違う業者が入ります。その鉄筋が終わるとインスペクションをしなければいけません。

 

しかしここはカナダ、日本ではありません。鉄筋の業者が来るはずなのに来ない事はざらですしインスペクターもいつ来るのかほとんど解りません。ひどいときは来ない事もあります。そうなると次の工程に行けないため仕事がなくなります。

 

 

コンクリートを流す日程も決めなければいけないためそれに合わせてやる事も凄く難しい。自分の従業員ではないのでせっかくいい関係を作っても違う現場に飛ばされたりすることもあり計画を立てる事の難しさを痛感している状態です。

 

自分の考え方、取り組み方次第でどんな状況もチャンスに変える

やっていく中で何が重要な事で何を先にやらないといけないのかなどいろいろ解ってきます。

 

カナダにいると少しできるようになるとすぐ独立する人がたくさんいますが、こういった経験を少ないリスクでやらせてもらっている今を凄く恵まれた環境にいるんだなと思っています。

 

それを実現させてくれてる僕の周りの人すべてに感謝の気持ちを持ち、少しでもいい仕事が出来るようにいろいろな事を考えチャレンジしながらこれからももっと成長していきたいと思っています。

 

文句を言えばきりはありません。

 

今ある状況をしっかり把握し、分析する事によって何か突破口が見えてきます。

 

そうすればピンチもチャンスに変えられるし、毎日が充実して楽しくなってきます。

 

 

 

 

目標を持ち、そこにたどり着くイメージをする事を習慣化させる

そんな事を昔から意識してやっていたように思います。というよりも把握してない状態で事を進める事が嫌いだったのかも。

 

仕事をしていてよく思う事なんですが、完成をイメージしてないまま動き始める事、もっと言えばそこに向かうための第一歩を理解しないまま先に進んでる事が凄くたくさんあるように思います。

問題を解決したいのに、何が問題なのかいまいちわかっていない状態です。

 

ほとんどの問題は何が問題なのかしっかり理解すれば解決することだと思います。

 

それと同じで自分が今何をするのか、どこに向かっているのか、それをしっかり把握したうえで考え行動をすればミスも減ると思いますし、効率的に物事を進められると思います。

 

それを可能にするには人の話をしっかり聞くことですね。言っていることが解りにくければ解るまで質問を繰り返すことが必要です。

 

解らなくなったら聞けばいいやとか思っていませんか?

 

頼む側としては出来るだけ理解をしてもらって自分でイメージをしてやってもらいたいと思うんです。そして、その積み重ねが信頼の積み重ねであり次につながるんじゃないかと思います。

 

なかなか難しい事ですし、僕が望みすぎてるのかなと思う所もありますがそんな感じで少しフラストレーションがたまっているので書いてみました。

 

いい様に使われるだけの人になりたくなかったら、言われたことだけをやるのではなく言われた事を理解してその意味を考えながらやる事が必要なのではないかと思います。

 

それを繰り返していくうちに少しずつ自分で判断できることが多くなり最終的に人の上に立ってやっていける人になるんじゃないかと思います。

 

僕はそこにたどり着くまで少し時間はかかりましたが、そのチャンスをもらった時に今まで考えてきたことが凄く役に立ってると実感しています。