カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【僕の生い立ち】 サスカトゥーン編

そんなこんなでサスカトゥーンには4年ほど住んでいました。

 

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com

 

 

【余談ですが、サスカトゥーンにいる間何度も素晴らしいオーロラを見ました。平野なのでどこまでも空が見えるためオーロラを探しやすいんです。街から20分ほど車で走れば街灯もない真っ暗な場所に行くのでオーロラも見やすいんです。

Northern Lights, Norway


 

8月末から10月の初めまでが僕の経験から一番オーロラを見やすい時期だと思います。イエローナイフなどオーロラツアーがありますが、サスカトゥーンでオーロラなんてのもいいかもしれません。ちなみに英語ではあまりAuroraとは言わず、Northern Lightsという方が一般的です。】

 

サスカトゥーンでその当時日本にいた時から付き合っていた彼女と結婚をします。彼女の義理のお兄さんEdが倉庫の管理の仕事をやっていて、その彼に仕事を与えてもらいカナダでの初めての仕事に就くわけですが、外国人と全く面識を持たない奴らとの仕事で凄くつらい経験をしました。彼らなりにいろいろとやってくれたんだと思いますが、全く何を言ってるのかわからず何度も泣きそうになりながらやってました。

 

University Bridge in Saskatoon

話は飛びますが、今の仕事、大工になるきっかけもこの時にありました。僕のボスEdが家を購入します。購入時リノベーションをするのですが、そこで職人さんとEd Familyとのやり取りを見ていて僕もこういう仕事をしたいなと思いました。


Tools of the Trade


まだしばらく実現には至りませんが、ここから僕の気持ちは大工になろうという方に向き、それに向かって少しづつ動いていってたと思います。

 

ジャパニーズレストラン与平

僕のサスカトゥーンでの生活に欠かせない存在。バイトもさせていただいた唯一の日本人経営のジャパレスです。

 

唯一といっていいほどの日本人の知り合いで、けんさんまちこさんにはとてもお世話になりました。5人家族で、男二人、女の子1人の家族。子供はカナダで生まれておりみんな日本語も喋りますが英語の方が得意でした。(当たり前ですが)

 

けんさんまちこさんはカナダに長く住んでおられ、凄く興味深い話をたくさんしてもらいました。サスカトゥーンを出た後あまり連絡を取っていませんが、何かの機会にまたお会いしてお話をしたいなと思っています。

 

たまにFacebookで見ますが二人とも楽しそうな老後を送っているようでこれからも元気に楽しんで行って頂きたいと思います。

 

と簡単ですがジャパレス与平の日本人家族のお話、

 

さて、次回は僕のカナダでの2つ目の街についてのお話です。

 

ちょっとした豆知識

カナダ移民考えてる方、バンクーバートロントなど大都市は移民の人数も多いしいろいろと規制などもあって移民がしにくくなっています。サスカトゥーンは移民の人数が少なく楽に移民を出来る事もありわざわざ移民をする為にこっちに移り住むひともいます。

 

英語を勉強するという意味でも、日本人の少ない土地に行くことはとてもプラス。これから海外移住など考えてる方こんなチョイスもありますよ。

 

 

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com