カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【カナダで戦うために】 僕のチーム紹介 こんな4人で仕事をしています。

ここまでなんとなく僕のカナダでの生い立ちを書いてきましたが、今実際にこっちのフィールドでやれることに至ったことがなんとなく解って頂けたでしょうか?

 

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com

 

 

今回は僕がこっちで勝負をするのに意識している事、

 

僕は、こっちに来ていろんな国の人に出会い、話をしてきましたが日本人ほど真面目で誠実な人はいません。みんなそれぞれ性格は違いますがその国の特徴を持っていると思います。

 

僕は日本人としてその真面目さ、誠実さを磨いていけば必ず世界で対等にやっていけると確信しています。ただ今棟梁としてやり始めましたがその方法で接しているからか取引先の会社の人たち全員と凄くいい関係が築けています。技術的にいったらまだまだですし、まだまだ磨くところは山ほどありますが、今できる事を一生懸命やってる事で信頼も少しずつ得られてるんじゃないのかという実感もあります。

会社の事情もあり、なかなか決まったメンバーで仕事が出来ないところもありますが、今の僕のチームを紹介したいと思います。

 

お調子者トラビス

出会いはもう2年前くらいです。ちょうど同じ時期に始めました。また紹介しますが、今の会社のトップであるアントンの元一緒に働いていました。

 

年齢は25歳、典型的なカナディアンの若者で少し自信過剰なところもありますが逆に使いやすい子の一人です。

 

頭の回転もよくまだまだ甘い所もたくさんありますが、信頼をしています。

 

僕に対してもいろいろ突っ込んでくるしいい感じで今の環境に柔らかさを与えてくれてます。

 

最近の若者、DJ/ドラマーのアダム

まだ一緒に働き始めて1か月くらい。だいぶ性格もつかんできました。

 

22歳でまだ経験も少ないんですが、こちらも典型的なカナディアン、どこから湧いてきたのかという自信に満ち溢れていました。

 

そこをどう崩さずにスタート地点に立たせて上げれるかが僕の課題でしたが、何とか伝わったんじゃないかなという手ごたえはあります。

 

「まだ自分は出来ないんだ。この人から出来るだけ学ぼう」

 

こう思わせるところからのスタートです。

 

人それぞれみんなアプローチの仕方が違います。ホントに!誰一人として同じ方法ではだめです。

 

そこが面白い所でもあるんですが…

 

という事で、まずは意識の所から何とか伝えれたかなという段階です。まだ若いしこれからとても楽しみな子アダム。しばらく一緒に仕事が出来るといいなと思っています。

 

ワーホリのS君

全くの未経験者。3か月ほど前に僕が見つけてきました。日本人の子とカナダで働くことは初めてで僕にとって凄く貴重な経験をS君と一緒にしています。

 

日本人なので何となく解るかなと思ってやってましたがとんでもないですね。逆に凄く難しいです。

 

やっぱりカナディアンと基本的な考えがまったく違います。今までにないパターンで僕もいろいろ悩んでいますが、真正面から真剣にぶつかる事を決めてから少しずついい感じになってきてるのかなと感じています。

 

最後に

仕事を進めていくには、人間関係が何より重要な事だという事を心から感じます。技術、スピードなど求められるものもあると思いますが僕が一番フォーカスをしているところ人間関係。

 

信頼関係が成り立てばうまく事が運べるようになってきます。実際ジェネラルコントラクターの人たちといい信頼関係が築けており、僕の事を凄くよく聞いてくれるようになりました。

 

という事でこの4人で進めていく仕事。最初の写真は一番新しい仕事です。ホームオーナーの人と話をして僕のセミカスタムです。なかなかいい感じにできたんじゃないかなと思いますがどうでしょうか?

 

ちなみにコンクリートを入れる業者は違います。カナダにはあまり良いコンクリート職人がいません。出来るだけいい仕事をしてもらえるようにこちらも人間関係をしっかりするようにやってますが、まだまだですね。

 

次回は仕事をもらってるParamaxhomeという会社の人の話をしたいと思います。

 

お楽しみに!!

 

 

canada-de-tatakaunihonnjin.hatenablog.com