カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【人間関係に悩んでいる方へ】 誰とでもいい関係を作れるコミュニケーション術 本音を貫く

日本に来て家族と一緒に過ごしてみて、やっぱり家族っていいなと思いました。これからより良い関係を築いていくためにどうやって接していったらいいのかをじっくり考えてみました。

 

本当に大切な人に対して本音で接していますか?本音と言っても自己中心的な考えや意見をただやみくもにいう事ではありません。

 

僕が言いたいことは愛、思いやりをもって接するという事です。

 

家族や友人などあなたにとって大切な人とほんの些細な事の積み重ねで上手くいかない事ってありませんか?本当は大切に思ってる人でも何かのきっかけで勘違いをし, 悪循環に陥る事ってあると思います。

 

そういう時って案外コミュニケーションがとれてなかったりするんですよね。

 

 

今回は本音を言い合える関係づくり、信頼関係を築くといった事に焦点を当ててみようと思います。

 

その人を受け入れましょう

人それぞれ育った環境も違えば、常識の感覚、物事のとらえ方、何をとっても自分と同じことなんて無いと思った方が無難です。

 

自分と違う意見を持ち、違う価値観を持っていることを受け入れちゃいましょう。それをすると相手をリスペクト出来るようになりますし、自分にとって良いものを盗む事も容易になってきます。

 

相手との距離も縮まり、自分にもプラスになります。そんないい事ってなかなかないですよね。

 

まずその人のいい所も悪い所もすべて受け入れちゃいましょう。

 

 

 

 

話を聞きましょう

これから信頼関係を気付こうとしてる人です。話を聞いてたくさんの情報を集めましょう。

 

何が好きだとか嫌いだとか、全く関係ない事のように思いますがとても重要な事だと思います。

 

その人が気持ちよく話を出来るようにまずはしっかり聞いてあげましょう。自分自信にも言える事ですが、相手が興味を持ってくれると気分が良くなりいろいろな事を話してしまうものです。たくさん質問することでいろんな情報が聞き出せます。

 

気を付けてほしいのは質問の内容ですね、いきなり深い所をつけば相手は警戒して心を開いてくれないかもしれません。少しづつ聞いていく事がいいと思いますが、やはり自分がその人の事に興味を持たなくては駄目ですね。それが前提にあればどうしていったら良いのかはわかってくると思います。

 

信頼関係が出来たと思う瞬間

その時々で違いますが一つの目安になるのは相手が自分に何か質問をし始めるときです。自分に興味を持ってくれたんだなと感じた時ある程度の信頼関係が出来たんではないかなと思います。

 

ただ、それを崩すのはとても簡単です。出来たと思って気を抜いていると何かの拍子に崩れる事もあります。やはり常に相手の事を思いやる気持ちをもって接することが必要だと思います。

 

相手に伝えてみましょう

そこまで来て初めて自分の意見などを伝えてみましょう。それを受け入れてくれる基盤は出来てると思います。

 

少しづつ言った方がいいと思いますが、僕の場合まだ未熟なところが多くつい言いすぎてしまいます。せっかくできかけた信頼関係を壊す恐れもあります。言い過ぎには注意しましょう。(と自分に言い聞かせます)

 

 

最後に 【いった事はやりきる事】

 

凄く大変な事だと思います。誰かに行ったことを自分がやらなかったりやれなかったら駄目ですよね?

 

でも、あまり難しく考えないでください。こうすればいいんです。

出来ない事を出来ると言わない事、自分のハードルを思いっきり下げたらいいんです。出来る事をしっかりやって、出来ない事は出来ないとはっきり伝える事。

 

自分を大きく見せようとすればするほどいい方向には向かいません。逆に自分の弱い所を見せれば人って助けてあげようという気持ちになってくるんですよ。

 

そうやって助け合っていく事を自分の方から投げかけてやる事。それが案外らくにいい人間関係が築いていけるコツなんじゃないかと感じています。

 

自分が出来る事を周りに見せたいと思う気持ちはだれでも持ってると思うし、気持ちは凄くわかります。でも、そういう事って案外どうでもいい事なんですよね。そう伝えようとしている相手も同じような事を考えてますから。

 

それなら逆にその人に助けてもらうように考えたらいいんじゃないかと思うようになりました。

 

何か参考になれば幸いです。