読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【カナダで戦うために】 知っておきたい事、日本との感覚の違いについて

カナダと日本の違いは何でしょうか?

 

僕が感じた日本とカナダの違いは仕事やサービスに対する考え方だと思います。その辺をしっかりと理解することでこれから海外に進出した際に成功するのか、失敗するのかの違いが出ると思います。

 

 

お客様ではなくただの客

海外にいる時間が長いからでしょうか、嫌な気は全くしなくむしろ凄く嬉しくなるようなことなんですが、日本でのサービスは少し過剰なところがあると思います。

 

お客様あっての商売なんですが、少し行き過ぎではないかと思う事があります。そのため態度の悪い客が多いように感じました。

 

カナダではそういった客は普通に出入り禁止になったりします。嫌ならほかで買ってくれという事です。ある意味それは正論で、客も素晴らしいサービスを受けるからにはそれなりのマナーが必要だと思うんです。

 

ただそんな事を言うとこちらのサービスが凄く悪いように思われるかもしれませんがすべてがそうではありません。笑顔はこっちの方が多いと思うし身近に感じるサービスがこっちにはありそれが良い所のように思います。

 

日本の靴屋さんで靴を試しにはいていると定員さんにひもを結んでいただきました。

 

???

 

何処でもそうだとは思いませんがその店ではそれがサービスの一環なのでしょうか?少し行き過ぎだと思いましたがどうでしょうか?

 

楽観主義

この考えが主流なのでしょうか?みんなあまり事を深く考えず気楽に生きているように感じます。あまり人の事を干渉せず自分は自分、人は人というのが明白になっていると思います。

 

人付き合いもしたいときにしたい人とする。したくなければ普通に断る。こういったことが当たり前なのであまり気を使うといった事が少ないように感じます。

 

仕事でも今日終わらなければ明日やればいいし、定時になれば何も気を使わず帰れます。それが良いとか悪いとかの判断は人それぞれだと思いますが、みんながそうだと思っていないと対応していけなくなってくるという事です。

 

最後に

カナダはいろんな人種が混じっている国です。いろんな感覚を持った人たちがいて、それぞれが違う常識を持っています。

 

自分のあたりまえは全く通用しないところです。ある程度人に合わせていけるスキルが必要になってくると思います。

 

楽観主義の極みとでも言いましょうか?僕は今インド人の会社を相手にやっています。カナダ生まれの人も違う人種の人も数名いますがほとんどの人が純粋なインド人。当たり前の事が当たり前に進まないのが当たり前です。

 

ただ人柄は凄くいいのでその辺を一番に考えて彼らと一緒に今のところうまい事やっていけてるように思います。

 

またこれからも日本とカナダの間隔の違いや習慣の違いを気付いたら書こうと思います。海外で生活がしたい人や商売がしたい人に少しでも参考になるような情報が伝えられるように頑張ろうと思います。