読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

面白いカナダ人と日本人の行動の違い

日本人とカナダ人では基本的に根本の考え方が違います。それは教育がまったく違う事もそうですが周りの環境、親の考え方などが影響していると思います。

 

(先日完成した家の写真です。)

 

今、日本人のワーホリの子とカナダ人の若い子たちと働いていますが先日面白い違いを発見したので書いてみようと思いました。

 

ドリルやのこぎりの歯など古いものと新しいものがある場合、カナダ人の子は必ず新しいものを使います。反対に日本人は何も言わなければ必ず古い方を使います。

 

理由は新しい方が切りやすいから、ともったいないと思ったからです。

 

どちらも正しいと思うんですが、この違い面白いなと思いました。

 

新しい方が綺麗に切れるし、ドリルも簡単に穴が開くため時間は短縮できます。しかし、場所によってはそんなにきれいに切らなくてもいい所もあります。のこぎりの歯もドリルもただではないのでポイポイと捨てられても困ります。

 

本当は各自で判断してやってくれるのが一番いいのですがなかなかそうもいきません。

 

カナダ人には「まだ使えるから古い物から使ってくれ」と言い

 

日本人には「もう古くて使いづらいから新しいものを使えと」いう事になります。

 

人種によって見る場所が変わります。

 

自分はどうかなと思った時やっぱりぎりぎりまで使ってしまいます。

 

やっぱり日本人なんだなと思った瞬間でした。