カナダで戦う日本人!

僕がカナダで成功するために日本人としてその特徴を生かし戦っている様子これからやっていく様子をドキュメント感覚でお伝えしていきます。

【大工としてカナダで働く日本人】 とうとうここまで来ました。「新しいスタート」

13年の月日をもうカナダで過ごしたことになるか。英語が通じないと悩んでた頃も今では懐かしいと思う所まで何とか来た。今思うと、がむしゃらにやってきたことが一つ一つ形を帯び、そうやって積み上げてきたものが一つになりつつあるように思う。「ようやくここまでたどり着けた」と言った方がいいのか、「やっとここまでたどり着いた」というべきかどう表現すべきかはあいまいなところもあるがとにかく、カナダに来た時には想像もしていなかったところまで来たなと実感できるところまではたどり着いたと思う。

 

 

そう、会社を始めるのだ。やっとスタート地点に立てたわけだが、自分の信じた道を忠実にやってきた結果だと思っている。ここにたどり着くまでにいろんな人に助けられ、いろんな出会いや別れを繰り返してきた。そして、これからもそれを大切にして今よりももっともっと人間関係を充実させ信頼されるような存在になろうと思っている。

 

そうすることが何よりも自分の価値を高める事だと思うし、何といってもその行為自体が楽しい。「どんな事も人の上に成り立っている」いくら凄い事をしてもそれを喜んでくれる人がいなければ何も意味を持たないのである。

 

自分にとって凄く良いスタート

以前に親会社の事僕のチームの事(第一弾(第二弾)と書いたが今回は僕の所属している会社について少し書こうと思う。ワンクッション入る事によってお金は少し減るが、その分仕事は入りやすいし、人が足りないときなどすぐ助けに来てくれたりと凄く僕にとって良い形が作られている。もちろんこれにも感謝している。

 

今回は”アントン”というやつの話だ。アントンはアンソニーの違ういい方で、ジョナサンかジョン、ネイサンかネイトかといった差である。

 

彼は僕がここ会社に入って一番最初に働いたリーダーだ。かなり曲者で好かれれば凄く良い奴だが、敵に回すと手におえない。僕は何とか前者の方に落ち着いたがそれでも何度かにわたってもめたし、それにより2回ほどやめた。でも、そのたびに距離が少しずつ縮まり今では凄く良い関係が築けている。僕も彼をいろんな意味で認めているが、彼もまた僕の事を認めてくれてるように思う。たぶん一緒に仕事をしていない事が一番そうさせてると思うが…

 

そのアントン、最近はお金になると事もあり人をたくさん雇っている。(大工になりたいという人が少ないので、僕が所属している会社では雇えばお金が出るシステムになっている)僕の仕事場が忙しくなってきているので、その為に人を探している感じだ。理由はともかく僕にとっては凄くありがたい事だし、いい人をどんどん雇ってもらいたいと思っている。そんな彼の事は僕の中では人事担当といったところか。小さい会社なためにそんな役割などないし、彼も現場で働いているのでこれはあくまで僕の中だけの位置づけなんだか。

 

ただ自分の中で想像してるにすぎないが、こうやってみんなのいい所を見つけて、何に適しているのか考えながらそっちの方に持っていく事がとても面白い。まだまだ会社としては全然機能していないが、一つ一つ形にしていき一つの組織として機能させることが出来るように頑張っていきたいと思っている。

 

最後にもう一つだけ書いておこうと思うが、こうやって想像しながらいろんなことを進めたり分析したりしているが、所詮じぶんの考えれる範囲には限界がある。うまくいかない事の方が圧倒的に多いが、そんな事を繰り返しながら自分の考えれる範囲を広げていきもっと想像力を膨らませるようになると思っている。間違える事を恐れず慎重に、それでいて自分の出来る事をしっかり把握して確実な仕事をしていく事が次につながると信じているし、今までの経験上それほど間違ってはいないと思っている。